- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

【芸能】BOΦWY「“GIGS” CASE OF BOΦWY」ライブ全曲収録アルバムが30年となる8月7日に発売[17/06/09]

1島風◆Sj5X7J7bh2:2017/06/09(金)07:01:21 ID:g9r()
1988年に解散したロックバンド・BOΦWYが87年7月31日、8月7日の2夜限定で開催した
伝説的ライブ『“GIGS” CASE OF BOΦWY』の全演奏曲目を収録したアルバムが、
ライブからちょうど30年を迎える8月7日に発売されることが明らかになった。
本作の告知として、6月2日から「BOΦWY 20170807 #BOOWY0807」の文字が
JR高崎駅のポスターや公式サイトのトップ画面に掲出され、
謎のメッセージの真意をめぐってSNSを中心に話題を呼んでいた。

87年7月31日の兵庫・神戸ポートピア・ワールド記念ホール、8月7日の神奈川・横浜文化体育館で、
“BOΦWYのレパートリー全てを演奏する”というコンセプトのもとで行われた2本のライブ。
4時間にも及ぶそのパフォーマンスは同年10月5日にビデオで計27曲が発表され、2001年にはCDアルバム化。
ライブが行われた年の12月24日に解散を宣言したBOΦWYにとって、
“最強のライブバンド”であることを実証した伝説のライブとして語り草になっている。


全文はSORICON STYLEでお読みください。
http://www.oricon.co.jp/news/2092092/full/

ーーー以下他紙情報ーーー
音楽ナタリー
・あれから30年、BOOWY「“GIGS” CASE OF BOOWY」全曲がライブアルバムに
http://natalie.mu/music/news/236047
http://cdn2.natalie.mu/media/1706/0609/extra/news_xlarge_BOOWY_jkt_0807limited.jpg
http://youtu.be/JI9-TKSu6eQ
2名無しさん@おーぷん :2017/06/09(金)11:29:47 ID:0QN
これ、東京、大阪公演が無くて横浜、神戸だけだった
当時はまだアリーナツアーという概念がなく
大きめの会場が横浜文化体育館しかなかった
(武道館は劇混みなので取れなかったのだろうが、なぜ代々木じゃなかったんだろう?)
横浜アリーナの開業は1989年なので、武道館以上の会場は東京ドームだけ
結局このライブのチケットは全く取れなかったねぇ
これが取れなかったせいで、次のツアーと解散ライブLAST GIGSでは
徹夜で並んでチケットを取る羽目になった
なつかしいな
3名無しさん@おーぷん :2017/06/09(金)11:31:03 ID:0QN
BOOWY「“GIGS” CASE OF BOOWY at Kobe」および「“GIGS” CASE OF BOOWY at Yokohama」収録曲
DISC 1

01. INTRODUCTION
02. IMAGE DOWN
03. BABY ACTION
04. RATS
05. MORAL
06. GIVE IT TO ME
07. "16"
08. THIS MOMENT
09. わがままジュリエット
10. BAD FEELING
11. LIKE A CHILD
12. OH! MY JULLY PartI
13. WORKING MAN
14. B・BLUE
15. TEENAGE EMOTION
16. LONDON GAME
17. NO.NEW YORK
18. DANCING IN THE PLEASURE LAND
19. ROUGE OF GRAY
20. RUNAWAY TRAIN

DISC 2

01. B・E・L・I・E・V・E
02. CLOUDY HEART
03. INSTANT LOVE
04. FUNNY-BOY
05. MY HONEY
06. LET'S THINK
07. 1994 -LABEL OF COMPLEX-
08. PLASTIC BOMB
09. MARIONETTE
10. RENDEZ-VOUS
11. SUPER-CALIFRAGILISTIC-EXPIARI-DOCIOUS
12. ハイウェイに乗る前に
13. JUSTY
14. ホンキー・トンキー・クレイジー
15. DREAMIN'
16. BEAT SWEET
17. BLUE VACATION
18. ONLY YOU
19. ON MY BEAT
4名無しさん@おーぷん :2017/06/09(金)11:41:58 ID:0QN
休憩をはさんで、DANCING IN THE PLEASURE LANDからが第二部
BEAT SWEETからがアンコール曲

当時のライブではファーストアルバムからはNO!NEW YORK、IMAGE DOWNだけが毎回演奏され
それ以外の曲が演奏されることはほぼ無かった
ライブハウス時代にしか演奏していない曲を初めてホールで演奏する機会だった
ON MY BEATとか今では人気も評価も高いけど
この時が久しぶりの演奏だったのだから
氷室が解散後にたまに歌っていて、引退ライブでもやったWELCOME TO THE TWILIGHT
この時は演奏されなかった
当時演奏できるレパートリーの最大限であって、その前のツアーで演奏してたのに
ここでは演奏しなかったというのもかなりあったんだけど
5名無しさん@おーぷん :2017/06/09(金)11:48:47 ID:0QN
当時はビデオテープ時代で、テープの収録時間によって価格が変動した
20曲入りのライブビデオとかになると価格が1万を超えてしまって、客が買えない
そこでこのライブは5曲を4分割とか、とんでもない販売方法になってしまって
その後の混乱のもとになった
39曲入りCOMPLETEを買った後に
78曲入りTHE ORIGINALを買わされることになるというね....
これ、ビデオ、DVD、ブルーレイボックスもあるので
CASE OF BOOWY何回買わされてるんだろうか?
自分はもう買わないけど
ジミヘン、尾崎豊商法すごいわ
6名無しさん@おーぷん :2017/06/10(土)01:41:42 ID:cSv
東京ドームの解散ライブに近所総出で行った思い出

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





【芸能】BOΦWY「“GIGS” CASE OF BOΦWY」ライブ全曲収録アルバムが30年となる8月7日に発売[17/06/09]