- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

アベノミクスで好景気のはずなのに「物価が上昇する一方で賃金が下がる」

1名無しさん@おーぷん:2018/01/30(火)23:22:16 ID:Qn0()
公的年金の支給額、18年度は据え置き 厚労省
2018/1/26 10:36

 厚生労働省は26日、2018年度の公的年金の支給額を据え置くと発表した。
改定の基準になる物価が上がる一方、
現役世代の賃金が下がっているため。
支給額を物価や賃金の動向よりも抑える「マクロ経済スライド」の発動も見送られる。

 年金の支給額は毎年度改定される。
現在は自営業者らが対象の国民年金で40年間保険料を納めた満額の人の場合、月6万4941円。
会社員らが加入する厚生年金は標準的な夫婦世帯で月22万1277円が支給されており、18年度も同じ額になる。17年度は0.1%引き下げており、据え置きは2年ぶり。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26169670W8A120C1EAF000/
2名無しさん@おーぷん :2018/01/31(水)03:53:38 ID:QZy
アベノミクスで失業率は改善されてるのだから、ろくに使えない無職まで雇用が生まれる
→そういう奴の賃金は当然最低水準
なので、労働者全体の実質賃金は下がる傾向にある

逆に、若くて優秀な日本人労働者の労働条件は良くなってる傾向にある
3名無しさん@おーぷん :2018/01/31(水)07:19:14 ID:6Pr
賃金が下がるということは入れ喰いの買い手市場のままってことだ
4名無しさん@おーぷん :2018/01/31(水)07:26:50 ID:UeI
下がってるってどこのブラックだよ
5名無しさん@おーぷん :2018/01/31(水)07:32:27 ID:6Pr
支給年齢引き伸ばしで現役世代を拡大させて、賃金の高い正社員の団塊を再雇用していればそりゃ下がる
人件費削れた分だけデフレになっていたが、円安でそれが不要になっただけの話
6名無しさん@おーぷん :2018/01/31(水)07:42:20 ID:MIG
未だに最低賃金での求人なんて山ほどあるしな
7名無しさん@おーぷん :2018/02/07(水)21:17:16 ID:aGQ
まさにアベノ不況
8名無しさん@おーぷん :2018/02/13(火)22:12:51 ID:V8y
【悲報】アベノミクスで民主党政権時代から手取り激減!!!

2011年(菅・野田政権)と2017年(安倍政権)の会社員給料手取り比較

年収1000万 (-48万円)
(菅・野田政権)767万円 → (安倍政権)719万円

年収500万 (-26万円)
(菅・野田政権)434万円 →(安倍政権)408万円

年収300万 (-20万)
(菅・野田政権)281万円 → (安倍政権)261万円





新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





アベノミクスで好景気のはずなのに「物価が上昇する一方で賃金が下がる」
CRITEO