- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

かつてラジオで流れた麻原彰晃の最後の説法

1名無しさん@おーぷん:2018/07/12(木)00:35:02 ID:RQ3()
 オウム真理教の教祖・麻原彰晃(本名・松本智津夫)をはじめ、一連のオウム関連事件で死刑判決を受けた13人のうち7人の死刑が6日、執行された。これきっかけに一部“オウマー”の間で注目を集めているのが、麻原の“遺言”だ。
かつてロシアから日本に向けて放送していたラジオ局・オウム真理教放送で「決起を呼び掛ける麻原の遺言が、今になって怖すぎる」というのだ。信者に向けた最後のメッセージとは、一体どんな内容だったのか? 今回、貴重な録音テープを入手、最後の説法を完全再現した。

(略)

 最後の放送は地下鉄サリン事件が発生し、教団施設に当局の強制捜査が入った95年3月22日の翌日だった。逮捕されるまでの2カ月に及ぶ潜伏生活に入った直後の麻原による、最後の説法が流されたのだ。

 説法はまず、警察への反論から始まる。「強制捜査を皮切りに弾圧は弱められる」といった、これまた支離滅裂な持論を展開。麻原は「人は死ぬ、必ず死ぬ、絶対死ぬ。死を避けることはできない。
権力側についた警察官やマスコミの者も死を避けることはできない。逆に弾圧される側についたオウム真理教のサマナ、信徒も死を避けることはできない」と、やたら「死」を意識し、グル(=麻原)の手足となって決起することを呼び掛ける。

 以下、説法最終章の全文。

「煩悩にまみれて生きてきた前生(ぜんしょう)の弟子たちよ、いよいよ君たちが目覚め、私の手伝いをする時が来た。君たちは死に際して決して後悔をしないようにしなければならない。
君たちがもし選択を誤れば、君たちが人間界に生まれてきた意味を完全になくしてしまうことになる。君たちは確かに今生、情報により煩悩により汚れている。
しかし、君たちの本質は汚れるはずはない。なぜならば君たちは前生の弟子であり、そして本質的には他の魂と違い、救済の手伝いをするために生まれてきたからである。
私は君たちが私の手となり、足となり、あるいは頭となり、救済計画の手伝いをしてくれることを待っている。さあ一緒に救済計画を行おう。そして、悔いのない死を迎えようではないか」

 現在の信者らも同様の録音を保存しているとみられ、公安当局は殉教テロに最大限の警戒態勢を敷いている。

http://www.cyzo.com/2018/07/post_169020_entry.html
2名無しさん@おーぷん :2018/07/12(木)00:43:03 ID:oHX
サイゾーは今、オウム真理教に嵌ってるのか…
3名無しさん@おーぷん :2018/07/12(木)10:47:49 ID:yrr
今やっても通り魔程度
摘発のきっかけを与えておわり
4名無しさん@おーぷん :2018/07/12(木)15:27:48 ID:kkh
ISISのテロと精神的に変わらん
5名無しさん@おーぷん :2018/07/13(金)01:21:18 ID:Qo5
何が怖いんだ?
カースト臭いのを別にすれば卒業生に贈る言葉と大差ない気がするが、
救済計画とやらを友愛的に勘違いしちゃうのが居るってこと?
どっかのアメフト部員みたいだな
6名無しさん@おーぷん :2018/07/13(金)05:39:41 ID:xD5
OBは言う事が違うな

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





かつてラジオで流れた麻原彰晃の最後の説法
CRITEO